トップページ ご挨拶 案内図 職員募集 お問い合わせ リンク
佐倉厚生園病院
理念、基本方針、患者様の権利章典
個人情報保護方針
病院概要
リハビリテーション
とりまく環境
イベント
外来のご案内
外来担当医表
糖尿病・代謝内科のご紹介
回復期リハビリテーション病棟
ご挨拶
ご案内
入院から退院までの流れ
職種の紹介
佐倉厚生園病院
健診センター
お申し込み・お問い合わせ
泊ドック
日帰りドック
オプション検査のご案内
健診後の注意
健診センターのご案内
全国健康保険協会
介護老人保健施設
佐倉ホワイエ
ご挨拶
施設概要
個人情報保護方針
入所サービス
短期入所サービス
通所リハビリテーション
育成活動
利用状況
職員募集
所定疾患施設療養費算定状況
厚生園
ケアマネジメントセンター
厚生園
訪問看護ステーション
厚生園
訪問リハビリステーション
特別養護老人ホーム
さくら苑



佐倉厚生園病院では、ご家族と離れ入院生活を送られている患者様に、少しでもご家庭の雰囲気を感じていただいたり、 楽しい思い出になればと、看護部職員が中心となり年間を通して「いろいろな季節」を楽しむイベントを企画しております。


 2011年9月
「敬老会」
看護部  介護職  今岡卓也
 9月26日(月)、2階食堂談話室にて敬老会を開催しました。

 まずは職員7名によるソーラン節の披露から始まりました。今回はいつもより激しい動きのロックソーランです。その激しい動きやかけ声に患者様やご家族のみならず、他のスタッフさえも圧倒されていました。

 次に職員が仮装しての劇「赤ずきん」を行いました。男性職員が仮装した赤ずきんちゃんの登場に、会場内は笑いに包まれました。オオカミも赤ずきんちゃんに負けないくらいのリアルな仮装で、患者様も少し驚きの表情を浮かべていらっしゃいました。

 最後にアンコールで再びロックソーランを披露すると、今度は患者様や他のスタッフからもかけ声が沸きおこり、会場内はさらなる熱気に包まれました。踊っている職員はさすがにヘトヘトになっていましたが、会場からの割れんばかりの拍手に疲れも吹き飛んだ様子でした。

 病室へ戻られる際も、「ロックソーランが凄かった」「赤ずきんが可愛かった」などの声をいただき、イベントは大成功だったと思います。

 今後も患者様やご家族に刺激になるような、また思い出にも残るようなイベントを企画していきたいと思います。

敬老会 
 

 2011年7月
「運動会」
看護部  鈴木隼人
7月25日(月)、2階食堂談話室にて運動会を開催しました。

 まず、患者様に運動会の雰囲気を味わっていただくため、様々な色の画用紙で国旗を作成し、「運動会」という文字を、紙のお花で飾りつけした看板を作りました。競技に入る前に、紅白それぞれの代表の患者様に選手宣誓をしていただき、いよいよ競技開始です。

 紅白に分かれ、お馴染みの「玉入れ」と、シーツを二ヶ 所切り取り、風船をたくさん乗せて全て穴に落とす「風船落とし」という2つの競技に参加していただきました。とても盛り上がり頑張っている様子が印象的でした。また職員による「綱引き」や「応援合戦」も行われ、応援合戦では患者様にも一緒に声を出していただき、大きく元気な声援となりました。

 閉会式では優勝・準優勝の賞状が各チームの患者様代表へ渡され、どちらのチームも全員でとても喜ばれていました。運動会の後はおやつの時間です。お腹も空かれたようで蒸しパンを「おいしい」と言って召し上がられていました。病室に戻られた後も、「今日は楽しかったよ」「職員さんも頑張ったね」等の声が聞かれました。

 ほんの短いミニ運動会ではありましたが、患者様が笑顔で楽しかったと喜んでいただけたのでよかったと思います。日常とは違う事で気分転換し、ストレスの発散ができ、多少はリフレッシュしていただけたのではないかと思います。

運動会 
 

 2011年1月
「餅つき」
介護職  堀籠ゆかり
  「あけましておめでとうございます本年もよろしくお願いします」のあいさつで今年のレクレーションが始まりました。今日は餅つきです。餅つきと言えばお正月に御供えする鏡餅ですが、今回は年始めにすることになったため、職員で考えて鏡餅のほかに初花餅も作ることになりました。花餅とは木の枝に紅白の餅をつけて飾るとても縁起の良いもので長生きにつながると言われています。

 当日、職員が赤い法被を着て患者様を部屋に迎えに行きました。患者様は目を大きくあけて「何だ?何かあるのか?」と興味津々の様子。「今日は餅つきをしますので力を貸して下さい」と声かけしディルームに移動していただきました。到着すると臼と杵を見て、またまた驚いた様子で身をのり出して、今にも歩き出しそうな患者様もいらっしゃいました。

 ある患者様は昔を思い出し、ふかし上がる餅を心配そうに何度も何度も「大丈夫か?」と聞いて確認してくれました。そしていよいよ餅は臼の中へ入れられました。まずは2人の職員が杵に水をつけ、いざ!!ペッタン、ペッタン……んっ?!元気なかけ声がありません。「そこでどんなかけ声をするんですか?」と患者様に尋ねると「ヨイショ!」という大きな声がかえってきました。皆で心を一つにして「ヨイショ!ヨイショ!」と大きな掛け声をかけ、それに併せて餅をつく音が響き渡ります。患者様一人ひとり、車イスで臼の近くに行き職員と一緒に餅をついてくれました。つきあがった餅をクルクルと丸い形にして木の枝につけていただきました。安全上、お餅は食べられないので麩の入ったおしるこを食べました。「い
やぁーよかった長生きしてよかったありがとう」の言葉を聞いて、私たちも頑張ろうと思いました。患者様の笑顔が私たちの心を癒してくれる事は、間違いありません。

 

過去に行われたイベントは以下をクリックしてごらんください。

・2005年のイベント
・2006年のイベント
・2007年のイベント
・2008年のイベント
・2009年のイベント
・2010年のイベント
・2011年のイベント
・2012年のイベント
・2013年のイベント
・2014年のイベント
・2015年のイベント
・2016年のイベント
 
Copyright 2004-2014 SAKURAKOUSEIEN, All rights reserved.  当ホームページの記事・画像及び情報を無断転載することを禁じます